デビットカードで家計の節約&管理!初心者必見の3つのポイント

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

節約には、生活費を減らすことが必須。

でも家計簿は続かない、予算を決めても無くなったらその都度ATMでお金をおろしてしまう…。

あなたにも、そんな経験ありませんか?

 

私も以前はそうでしたが、最近は生活費、特に食費は現金支払いからカード払いに変えてからは、節約が断然うまくなったんです。

カードといっても、クレジットカードではありません。「デビットカード」です!

 

私の場合はデビットカードで家計を管理するようになったら、食費が月5,000円以上浮くようになりました♪

ちなみに家計簿はつけていませんよ(三日坊主なので)。

 

そこで今回は、デビットカード愛用者の私が、デビットカードで生活費を管理して節約する方法をご紹介します!

 

デビットカードってどんなもの?

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

 

クレジットカードといえば、申し込みしてからカード会社の審査を受けなければいけません。

また、実際の支払いには1ヶ月近くのタイムラグが発生しますよね。

 

デビットカードは、支払いは使ったそのときに口座から引き落とされます。

しかも審査は不要という、お手軽クレジットカードなのです。

 

支払い口座から「即時」引き落とし

デビットカードは、登録した口座から支払い料金が自動で引き落とされます。

支払いは一括のみです。

 

クレジットカードは支払いは翌月ですが、翌月の支払いだからといってつい使いすぎることはないですか?

翌月になって、カードの支払いが予想以上に高くてびっくりした、という経験をした方は多いでしょう。

 

デビットカードは、口座に入っている金額=限度額となるので、使いすぎを防げます。

例えば、デビットカード専用の口座に30万円入っていたら、使える限度額は30万円ということになります。

 

審査不要のクレジットカード

クレジットカード 女子ジョブ!

クレジットカードは職業や収入を審査されますが、デビットカードには審査がありません

審査はありませんが、デビットカードの使用はVISAやマスターカードなど、加盟店であれば国内はもちろん海外でも使用OK

支払いは一括払い、即時引き落とし、審査不要という点以外は、クレジットカードとほとんど違いはありません。

 

 

デビットカードが家計節約に便利な理由

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

食費や光熱費、通信費など毎月必ずかかる生活費。生活費の支払いをカード払いにすると、様々なメリットがあります。

 

ATM手数料が節約できる

現金がなくなる度に、ATMに駆け込んで現金を下ろしていませんか?

引き出し手数料が無料の時間帯やATMならいいですが、時間を気にせずに提携ATMであれば、どこでも引き出していると、その都度ATM手数料がかかります

 

「たった数百円程度だし…」と軽く考えるのはNGなんですよ!

実は、年間で考えると、月3~4回のATM利用でも年間7,000円近くムダにしているのです(手数料200円程度の場合)。

 

デビットカードを使用すれば、月に1回、給料日に給与口座から生活費を引き落とし、カードに入金すればオーケー。

デビットカード内の生活費だけでやりくりすれば、ATMに行くのは月に1回、多くても2回程度で済みます。

デビットカードへの入金は、提携ATMを使えば手数料は無料なのもポイントです。

 

明細書がそのまま家計簿になる

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

デビットカードと連携させる銀行口座を生活費専用にすれば、通帳そのものが生活費の家計簿になります。

連携させる口座がネットバンクでも、毎月の明細がダウンロードして印刷できるので、まとめてクリアファイルに入れておけば、家計簿管理が楽チンです。

 

ちなみに私はネットバンク連携のデビットカードを使っているので、明細を毎月ダウンロードして自宅でプリントアウトしています。

ファイルを見直せば、先月よりいくら節約できたかすぐに確認できて便利です。

 

生活費でポイントが貯まる

公共料金の支払い可能のデビットカードを使えば、食費や光熱費、通信費の支払いでポイントが貯まります。

ポイント還元率はカード会社によって違いはありますが、例として楽天銀行のデビットカードで、月にもらえるポイントを考えてみます。

 

楽天銀行 JCBデビットカードの場合

ポイント還元率は1パーセント、100円につき1ポイント貯まります。

女性一人暮らしの場合で見てみましょう。

 

  • 食費:25,000円→250ポイント
  • 光熱費:8,000円→80ポイント
  • 水道代:3,000円→30ポイント
  • 通信費:5,000円→50ポイント
  • 合計月間ポイント:410ポイント

 

上の例では、1年間で4,920ポイント(4,920円)貯まります。

貯まったポイントは、楽天市場で使えますよ。

額は大したことはないと思う方もいるかもしれませんが、毎月払う必要のある生活費で自動的にポイントが貯められるってお得ですよね。

 

 

ポイント還元率が高いのはどこ?おすすめデビットカード

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

楽天銀行

  • 年会費:JCBは永年無料
  • カードブランド:JCB、VISA
  • ポイント還元率:JCBは1%
  • キャッシュカード一体型

私が使っているのが、楽天銀行のJCBデビットカードです。

魅力は、業界最大のポイント還元率と楽天スーパーポイント。

100円につき1ポイントもらえるのは、デビットカードの中では最大の還元率です。

 

貯まったポイントは楽天市場でのお買い物で使えますし、楽天グループでの買い物ポイントが常に2倍もらえます。

キャッシュカード一体型なので、楽天銀行口座から現金も下ろせます。

 

ジャパンネット銀行VISAカード

  • 年会費:永年無料
  • カードブランド:VISA
  • ポイント還元率:ジャパンネットポイントは0.2%、ファミマでの使用でTポイントは1%
  • キャッシュカード一体型

ジャパンネット銀行のカードは、ファミマ利用が多い方や現金を少しでも貯めたい方にオススメです。

なぜなら、ジャパンネットポイントは現金に換えられるから!

還元率は低いですが、ポイントがキャッシュバックできる強みでカバーしています。

 

ちなみに、筆者はジャパンネット銀行のデビットカードをネットショッピング用に使っています。

ポイントは即時でキャッシュバックできて便利です。

 

まとめ

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

 

デビットカードを使うメリット・デメリットを、それぞれまとめてみました。

 

デビットカードのメリット

  • 毎月の支払いでポイントが貯められる
  • 明細がそのまま生活費の家計簿になる
  • ATMへ行く回数が減り、手数料が節約できる
  • カードの使いすぎを防げる

 

 

デビットカードのデメリット

  • 支払いが一括払いのみなので、大きい買い物での使用には不向き

 

デビットカードを生活費の管理に使って、お得に家計をやりくりしましょう!

デメリットに挙げましたが、分割払いはできないので、高価な家電などを購入する場合にどうしても分割払いしたいときは、一般のクレジットカードを使った方が良いでしょう。

 

デビットカードを使いこなすようになったら、家計用とショッピング用に分けるなど、自分で使いやすいように数種類を組み合わせてみてください。