食費節約は3つのコツで月1万円支出減!お得な食材・保存・外食方法を公開

食費 節約

節約というと、光熱費や水道代、通信費など毎月必ずかかる支出を減らし、少しずつ貯金を増やしますよね。

この支出の中でも、特に節約しやすいのが「食費」。

食費は、工夫次第で月1万円以上は節約可能

 

月1万円以上節約、というのは他の支出ではなかなかできないことです。

食費を制するものは節約を制すると言っても過言ではありません!

 

そこで今回の節約コラムでは、無理なく、食生活が寂しくなることのない食費節約のコツを3つご紹介します。

 

食費節約のコツその1. まとめ買い食材はまとめて冷凍保存

食費 節約

お肉やお魚は安売り日にまとめ買いして冷凍保存

食材の中でも、特に高値なお肉やお魚。

それぞれ行きつけのスーパーの安売りの日にまとめ買いをしましょう。

特に安い鶏肉は、アレンジが豊富なので、たくさんまとめ買いしても大丈夫。

 

比較的値段が高い牛肉は、安売り以外では買わないのが食費節約の定番ルール。

普段はお肉は豚、鶏中心で、牛肉は月に1回ごちそうデーを設けて食べる、と決めてもいいかもしれません。

 

そのまま冷凍より味付け冷凍がラク

お肉やお魚をまとめ買いしたら、味付けをして冷凍するとそのまま調理できます。

味付けの手間が省けるだけで、調理がグッと楽になり、忙しい日のご飯支度も楽チンです。

 

例えば、比較的安い豚こま肉なら、醤油と酒、みりんで味付けしてジップロック等に入れて冷凍保存。

調理前日に冷蔵スペースに移せば、調理するときまでに自然解凍されるので、そのままフライパンで調理できます。

 

魚は塩を振って水気を拭いてから冷凍保存したり、味噌と砂糖で味噌漬けにして冷凍保存。

魚は冷凍のままグリルで焼けるので、調理がもっと楽になります。

 

お肉もお魚も、味付けして冷凍すると、味が落ちにくくなるメリットもあるので、解凍しても美味しく食べられますよ!

 

冷凍はラップ保存よりアルミホイル保存がおすすめ

食費 節約

量がある場合は、ジップロックにそのまま入れて冷凍できますが、100グラムのお肉や2切れのお魚など、少量を冷凍したいときもありますよね。

少量の食材を冷凍するときは、ラップで包むよりアルミホイルで包みましょう。

 

アルミホイルは熱伝導しやすいので、冷凍庫の冷気が食材に伝わりやすく、鮮度が落ちる前に素早く冷凍できるのです。

アルミホイルを使えば、刺身のサクも冷凍できますよ!

 

アルミホイルの代わりに、金属バットにジップロックやラップに包んだ食材を並べて冷凍してもオーケー。

アルミホイルと同じように、冷気がバットを通じて食材に素早く伝わって冷凍できます。

 

食費節約のコツその2. 傷みやすい野菜類はすぐ調理して日持ちさせる

食費 節約

節約食材の代表、もやしはヒゲをとって調理すると日持ちする

1袋10円〜30円という激安食材のもやし

安いから食卓で大活躍してほしいけど、日持ちしないからまとめ買いには向いていないと思っていませんか?

調理をして保存しても、他の食材と比べると日持ちしにくいのも気になりますよね。

 

もやしはヒゲをとって水に入れて保存するか、ヒゲをとって作り置きすることで、ぐっと日持ちしやすくなります。

ヒゲは雑菌が溜まりやすいので、もやし全体が傷む原因なのです。

 

もやしを購入したら、その日のうちにヒゲを取り、使わないぶんは水を入れたタッパで冷蔵保存します。

水を毎日取り替えれば、4日は新鮮な状態がキープできるのです。

 

作り置きにする場合は、お酢を使ったレシピがおすすめ。

お酢には殺菌作用があるので、作り置きしても3〜4日は美味しく食べられます。

 

オススメはナムル。

茹でる、またはレンジで2〜3分加熱したもやしに、お酢、砂糖、塩、ごま油、すりおろしニンニクで味付けして、白ごまを振れば完成!

 

そのまま食べるのはもちろん、甘辛く炒めた肉そぼろと一緒にご飯にのせれば、ビビンバ風になって美味しいですよ♪

 

青菜系は茹でて小分けにして冷凍保存

食費 節約

 

小松菜やホウレン草、青梗菜などは下ゆでしてから1食分ずつ小分けにして、ラップで包んでからジップロックにまとめて保存します。

夏場なら保冷剤がわりにお弁当にそのまま入れれば、食べる頃には自然解凍されて便利です。

 

食費節約のコツその3. 乾物食材を使いこなして節約

食費 節約

お肉の代わりにもなる高野豆腐

高野豆腐は焼いたり、揚げるとお肉のような味わいになります。

お肉よりも低カロリーでダイエットにもいいですよ♪

 

オススメは、高野豆腐の唐揚げ

戻した高野豆腐に唐揚げと同じように味付けして、片栗粉をまぶして180度の油でカラッと揚げて作ります。

 

私もよく作りますが、本当にお肉のような味わいになってびっくりしますよ!

同じようなレシピでは、凍らした豆腐を唐揚げ風に揚げるものもありますが、豆腐よりもお肉に近いと思います。

 

メインおかず、サラダ、スープに使える春雨

春雨は特にストックしておきたい乾物食材の一つ。

中華風サラダやマヨネーズで和えるサラダなど、サラダとしてはもちろん、麻婆春雨やスープにも使える万能食材です。

 

冷凍保存できるひじきと切り干し大根

食費 節約

 

切り干し大根やひじきは、一度にたくさん作って小分けにして冷凍保存しましょう。

お弁当のおかずはもちろん、炊きたてご飯に混ぜて混ぜご飯にしても美味しいですよ。

切り干し大根もひじきも、食物繊維が豊富でお腹にいいので、ダイエット中の時でも安心して食べられます。

 

 

節約生活でお得に外食する方法

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

覆面調査サイトを利用する

覆面調査サイトでは、利用したサービスに対してアンケートを製作・提出してポイントをもらえます。

もらったポイントは、現金や電子マネーに交換可能です。

 

クーポンサイトとの違いは、ポイントの還元率。

クーポンサイトでは100円〜500円程度の割引ですが、覆面調査サイトでは利用代金の20パーセント〜100パーセントがポイントとしてキャッシュバックされます。

サイトによって還元率は異なりますが、平均3,000円はキャッシュバックされるので、外食代を大幅に節約できるのです。

 

オススメは高還元、案件多数の『ファンくる』

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト
覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

 

覆面調査サイトの大手、『ファンくる』はポイント還元率が高く、案件も全国的に募集しているので利用しやすさはナンバーワン。

 

例えば、焼肉の全国チェーン『牛角』なら飲食代金を50パーセントキャッシュバック。

5,000円分の焼肉を食べても、半額がポイントとしてのちにキャッシュバックされるので、実質半額の2,500円のみの支出になります。

 

ファンくる』は、会員登録をして気になる案件に応募、採用されたらキャッシュバック制が利用できます。

家族で外食をするときや、友人、恋人と外食をする予定があるとき、事前にファンくるを利用して覆面調査に応募すれば、外食代がグッとお得になるのでオススメです。

 

覆面調査ミステリーショッパーの「ファンくる」へはこちらをクリック

 

まとめ

食費の節約は、節約食材のアレンジや保存方法の工夫で無理なく、楽しくできます。

他の支出よりも節約しやすく、節約効果もすぐに実感できるので、モチベーションが保ちやすいのもポイントですね。

 

切り詰めてばかりもストレスの原因になるので、たまには外食をしてストレス発散も必要。

外食でもできるだけお得になるように、覆面調査サイトを利用すれば、支出を抑えられて抜かりなしです!