節約中でも旅行できるお得で賢い旅行術!【国内編】

「長期休みが取れたら旅行に行きたいな」

「でも、旅行ってまとまったお金が必要だし…我慢しなきゃ」

なんてあなたもよく考えていませんか?旅行は出費が多くて、楽しい反面大変ですよね。

そこで、賢く節約できる旅行プランを立ててみませんか?今回は、国内旅行向けの節約旅行術をご紹介します。

 

節約旅行術その1. 移動代

家族で国内ならレンタカー旅行がおすすめ

女子ジョブ!主婦・OLのための副業情報サイト

国内旅行で比較的近場なら、レンタカーで気軽に旅行するのがおすすめです。

特にお子様連れなら、公共交通機関で移動するよりも、トラブルに対応しやすいですし、お子様が騒いで周囲を気遣う必要もありません。

 

宿泊を伴う旅行なら、レンタカーとセットにすると料金がお得になります。レンタカー代と宿泊代合わせて、大人1人あたり20,000円〜30,000円ほどが相場です。

 

友人と電車、列車利用なら青春18切符

女子ジョブ!主婦・OLのための副業情報サイト

電車や列車でゆったり旅行をするなら、JRの青春18切符を利用してみましょう。

この切符を利用すると、全国の普通・快速列車の普通車自由席、またはBRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーが乗り放題になります。

 

電車の乗り換えが多い旅行では、かなり重宝するサービスです。1枚の切符で5回まで乗れますが、使い方は様々。一人旅なら1枚で5回まで、5人グループの旅行なら、5人で1回の利用という方法もあります。

価格は11,850円で、発売期間が季節ごとに一定の期間に限られているので、利用する際は購入期間に気をつけてください。

 

青春18切符の販売期間(2018年)

  • 春:2018年2月20日(火)~2018年3月31日(土)
  • 夏:2018年7月1日(日)~2018年8月31日(金)
  • 冬:2018年12月1日(土)~2018年12月31日(月)

新幹線は「えきねっと」利用がお得

女子ジョブ!主婦・OLのための副業情報サイト

東日本エリアで新幹線を利用する場合は、「えきねっと」というサイトを通して申し込むとお得です。えきねっとには「トクだ値」という割引サービスがあります。

 

トクだ値とは

  • JR東日本とJR北海道で利用できる、えきねっと限定の割引サービス。インターネット予約限定で、旅行シーズンの混雑期でも使える。さらに、早い時期に予約するともっとお得な「お先にトクだ値」というサービスも。

 

料金例としては、東北新幹線の東京-青森間(はやぶさ利用)だと通常時の料金17,350円のところ、お先にトクだ値を利用すると13,010円になります。

4,340円もお得になるという計算になるんです。

参考 えきねっと とくだ値JR東日本 えきねっと

 

 

節約旅行術その2. 宿泊代

女子ジョブ!主婦・OLのための副業情報サイト

予約サイトの直前割を利用する

旅行予約サイトでは、宿泊3日前からホテル代をタイムセールで安くするサービスがあります。

ホテルや旅館の予約が突如キャンセルされたとき、空室を埋めたいホテル、旅館側と宿泊代をとにかく安く済ませたい、というお客さん側の利点が合点するのです。

 

ただし、このサービスを利用するのは、旅行先に宿泊施設がたくさんある場合に限りおすすめします。

宿泊施設が限られる、穴場スポットを旅行先にする場合は、数少ない宿泊先に人気が集中して、直前まで待つと満席になっている可能性が高いからです。

旅行先としてメジャーな地域に行くなら、JTBの「旅館・ホテル予約」じゃらんnetなどで直前割を利用してみてください。

 

キャンプなら宿泊代がっつり節約できる!

女子ジョブ!主婦・OLのための副業情報サイト

オートキャンプ場が車で行ける距離にある、という方はぜひキャンプ旅行を!

キャンプ道具が用意できる、またはキャンプ場でキャンプ道具がレンタルできることが必要ですが、道具さえクリアすれば宿泊代は大幅に安くなります。

 

オートキャンプ場なら、1区画で1泊3,000円〜7,000円ほどとリーズナブル。実家で子供の頃にキャンプをしたことがあるなら、実家からキャンプ道具を借りるのも手ですね。

自然の中で過ごせるので、子育て中の方にもオススメです。

 

 

節約旅行術その3. 飲食代

家族旅行なら初日の昼食代を手作りで浮かす

女子ジョブ!主婦・OLのための副業情報サイト

家族でレジャー施設に行く、または昼食時間は移動中になる予定なら、自宅でお弁当や飲み物を用意すれば無駄な出費が抑えられます。このランチ代や飲み物代を浮かすテクニックは、ママたちの旅行節約術の定番!

おにぎりを多めに作っておき、おかずだけはドライブインなどで買う、という人も。飲み物はアイスボックスに入れておけば、時間が経っても冷たい状態で飲めます。

 

夜は外食でホテル代を節約する

ホテルや旅館の夕食が高い、また夕食なしプランが利用できる場合は、外食をして節約しましょう。外食先はその土地で人気の地元居酒屋がおすすめ

地元のB級グルメを用意しているお店が多いですし、地酒もあって旅行グルメを安く楽しめます。お子様連れの場合、あらかじめ食べログなどでお子様OKかどうかチェックしておきましょう。

 

夕食、朝食なしの素泊まりならもっと安くできますし、朝食も地元で人気の早くからやっている喫茶店などを下調べして行くとお得ですよ。

 

節約旅行術その4. 旅行の支払いでポイントを貯めよう

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

旅行関係の支払いはできるだけクレジットカード払いで

交通費や宿泊費、旅先での外食費など、全てをできるだけクレジットカード払いにすると、ポイントが貯まってお得です。

クレジットカード払いだと使いすぎが心配、という方は支払いのたびに口座から料金が引き落とされるデビットカードがおすすめ。

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト デビットカードで家計の節約&管理!初心者必見の3つのポイント

 

 

次回の旅行に備える!節約旅行術

旅行積立を利用する

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

毎年旅行したい、という旅行好きな方やファミリーなら、旅行会社が運営する「旅行積立」がおすすめです。

 

旅行積立とは

満期に受け取る金額を決めて毎月積み立てていきます。満期には積立した金額に合わせて、サービス金額、銀行積立でいう金利が上乗せされます。受け取る際には、現金ではなく旅行券として受け取ります。

旅行積立の最大のメリットは、年利が高いという点。年利にすると1.5%〜3%と高めの相場!銀行の場合、比較的金利が高いネット銀行でも、年間100万円の定期預金で0.1%程度です。

 

例:JAL旅行積立

  • 満期受け取りを20万円にした場合
  • 毎月8,112円を24回積み立てる→総額194,688円の支払い+サービス額5,321円

年利によってサービス額は変わります。年利が高いほどサービス額が多くなってお得です。

 

旅行のために銀行に貯金するより、旅行積立を使った方がかなりお得になります。ただし、旅行積立は行き先が限定される、ということを頭に入れておきましょう。

つまり、時間が経ってから「やっぱり違う地域を旅行したい」と思っても、満期で受け取る旅行券は限定された地域でしか使えません。

例えば、ANAのハワイ旅行積立は、年利3.8%と高利率ですが、旅行券はハワイ旅行に限られます。くれぐれも、旅行積立をする際は行き先をしっかり決めましょう。

 

 

まとめ

女子ジョブ!主婦・OLのための副業情報サイト

今回は、国内旅行を中心にできる旅行節約術をご紹介しました。

旅行サイトのサービスプランを利用したり、ちょっとした一手間を加えるだけで、余分な出費が抑えられます。

賢く、楽しい旅行プランを立てて、一度きりの夏を思いっきり楽しんでください♪