【副業の確定申告】白色申告と青色申告の違いは?メリット・デメリットを比較

白色申告と青色申告の違い メリットデメリット

副業でも年間20万円以上の所得があれば、確定申告を行わなければいけません。

その確定申告をするときに気がつくのが白色申告と青色申告という、2つの申告種類。申告方法や節税内容などの違いがあります。

 

主婦ももこ

結局、私はどちらで申告すればいいのかな?

副業ガイドみき

それぞれにメリット・デメリットがあるの。自分に合う種類で確定申告を行うためにも、しっかり知っておきましょう!

 

副業での確定申告は白色申告・青色申告のどちらを選ぶべきか?

青色申告と白色申告のメリットデメリット 確定申告

 

2種類の簡単にまとめると、

  • 白色申告=副業所得が少ない人、副業を始めたばかりの人向け
  • 青色申告=副業所得が多い人向け

となります。

一般的には、何も申請をしなければ自動的に白色申告による確定申告になります。

どちらが良い、悪いというわけではなく、人それぞれに合う方法を選ぶことが大切です。

 

白色申告は手間が少なく「簡単な」確定申告方法

白色申告は節税面でのメリットは特にありませんが、帳簿は簡単な単式簿記で行い、確定申告時に提出する書類も少ないのが特徴です。

白色申告と青色申告の違いについて、帳簿の有無で違いを解説している情報もありますが、帳簿の有無は白色も青色もどちらも義務化されているので、違いはありません。

違いは、白色申告は単式簿記、青色申告は複式簿記という点です。この点は勘違いしやすいので要注意!

 

青色申告には「事前の申し込み」が必要

青色申告では、事前に以下の書類を管轄の税務署に提出する必要があります。

  • 開業届:新規で事業を始めて2ヶ月以内に提出する
  • 青色申告承認申請書:事情によって違いあり

 

OLあんな

なんだか知らない言葉が並んでる…

副業ガイドみき

それほど難しいものじゃないから、簡単に解説していくわね!

 

青色申告承認申請書について

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

青色申告の申請書は、国税庁のホームページからPDFファイル形式でダウンロード、印刷をして使用できます。もちろん、最寄りの税務署でももらえます。

 

↓こちらからダウンロードできます。

参考 所得税の青色申告承認申請書国税庁

 

ちなみに、開業届も下記の国税庁ホームページや、最寄りの税務署で取得できます。

参考 個人事業の開業・廃業等届出書国税庁

 

副業ガイドみき

青色申告承認申請書の提出については、以下のように違いがあるので要注意です。

 

新規開業して青色申告にする場合

  • 1月1日〜1月15日までに開業:3月15日までに提出
  • 1月16日以降に開業:開業日から2ヶ月以内

 

主婦ももこ

開業した日付によって、届け出する期限が変わってくるのね!

 

元々副業をしていて、白色から青色申告に変更する場合

青色申告に変更する年の3月15日までに申請書を提出する。

例:2018年2月に青色申告の申請書を提出した場合 → 2018年度分の確定申告が青色申告で提出できる

 

節税したいなら断然「青色申告」

副業所得が順調に増えて、少しでも節税をしたいと考えたら、青色申告に切り替えたほうがお得です。

青色申告では、10万円から最大65万円の所得控除が受けられます。所得控除は受けた分、課税所得が少なくなるので、税金が安くなるのです。

 

白色申告・青色申告はここが違う!

確定申告 女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

最大の違いは青色申告特別控除の65万円

青色申告では、10万円の控除と65万円の控除が用意されています。

それぞれ、控除を受けられる条件があるので、控除を受けたい額に応じて条件をクリアしましょう。

 

65万円の控除を受ける条件
  • 複式簿記による帳簿付け
  • 損益計算書と貸借対照表の作成

以上の2点で、最大65万円の所得控除が受けられます。

 

10万円の控除を受ける条件
  • 単式簿記による帳簿付け
  • 損益計算書の作成

青色申告でも白色申告と同じように、単式簿記で帳簿付けを行い、貸借対照表を作成せずに損益計算書のみの作成でオーケー。

その場合は、10万円の所得控除が受けられます。

 

つまり、青色申告に申請して切り替えれば、白色申告と同じような会計方式でも、最低でも10万円の所得控除が受けられるというわけです。

 

副業ガイドみき

このように青色申告は白色申告より手間はかかりますが、節税メリットが大きくてお得になります。

 

 

他にも違いはあるけど…素人にはちょっと難しい

青色申告と白色申告には、控除の有無以外にも違いがあります。

青色申告と白色申告の違い一例
  • 記帳義務の違い:青色は複式簿記か単式簿記、白色は単式簿記
  • 事業専従者の給与:青色は家族を従業員として、給料を計上できる
  • 損失の繰越控除:青色申告では、赤字が出たら、翌年の黒字分から差し引き可能。例えば、赤字が100万円出た翌年、黒字で100万円出たら相殺して所得がゼロ、つまり税金の支払いがなしにできる。

その他に、損失の繰り戻し還付や貸倒引当金の繰り入れなどが、青色申告で可能になります。

 

OLあんな

うう…ぜんぜん頭の中に入ってこない…涙

副業ガイドみき

これらは副業を始めたばかりで、会計知識や税金知識が浅い人にはちょっと難しい話よね。

白色申告と青色申告の違いは、まずは控除額と帳簿のつけ方が違うということだけ知っていればOKよ!

 

青色申告は税理士に依頼するのがやっぱり安心

税金 納税 確定申告

最近は税理士事務所で、個人事情主向けに確定申告の相談を引き受けるところが増えています。

料金は、確定申告書の作成と年間の帳簿付けで10〜20万円ほどかかりますが、申告書の内容の信用度がアップします。

年間の仕訳数が多く、収入も多い場合は、税理士に頼んで青色申告を行なってもらうと良いでしょう。

副業ガイドみき

税理士報酬も経費になるので節税面でもメリットがありますよ。

 

副業での確定申告…白色・青色どちらの申告方法を選ぶ?

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

ここまで白色申告と青色申告の違いを解説してきましたが、途中難しい単語も出てきて「ちんぷんかんぷん!」という方もいると思います。

「結局自分はどっちの申告方法がいいの?」ということが、一番気になりますよね。

 

全ての個人事業主や副業をしている人が、メリットが多い青色申告の方に変えるべき、というわけではありません

それぞれの状況によって、白色申告か青色申告かを選ぶことが大切です。

 

起業したばかりは白色申告がおすすめ

起業したばかり、つまり副業を始めたばかりは、まだ収入も少ないことがほとんど。

副業を軌道に乗せるために、限られた時間の中でやるべきことも多いでしょう。そんな時に、比較的手間がかかる青色申告を行うのは大変です。

 

また、節税するほどの所得額ではないなら、わざわざ青色申告に変えなくても良いでしょう。

副業が軌道に乗り業務が安定するまでは、申請の必要がなく帳簿付けもシンプルな白色申告がオススメです。

 

帳簿付けも会計ソフトを使用すれば、簿記知識がない人もで簡単入力で行えます。

ちなみに、筆者は白色申告時はやよいの白色申告オンラインを使用していました。やよいの白色申告オンラインは初期費用・月額がずっとゼロ円で利用できるので、かなりおすすめです。

簿記知識も浅い私ですが、簡単に収支内訳書から確定申告書が作成できるようになっています。

 

また、やよいの青色申告オンラインでは知識がなくても複式簿記帳簿が作成できるので、「時間がない」「難しい」と諦めがちな青色申告も自分ですることが可能です。

今なら年額8,640円(税込)のところ、初年度無料キャンペーンを実施中なので、タダで確定申告書を作成できます。

 

副業ガイドみき

弥生(やよい)シリーズは2人に1人が使っている業務ソフトです。やよいオンライン1つだけで確定申告ができるようになっています。

 



 

副業が軌道に乗ってきたら青色申告に

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

一般的には、個人事業主は所得が500万円以上から青色申告をするのが目安になっているようです。

所得が多いと、課税所得額も多くなりますから、控除はできるだけ多く受けて節税したいですよね。

副業の所得が大幅に増え、軌道に乗ってきたら青色申告に切り替え、会計ソフトを使用しながら帳簿付けをしっかり行うと良いでしょう。

 

まとめ

  • 白色申告は手間がかからないのがメリット
  • 青色申告は手間はかかるが、最大65万円の所得控除が受けられるのがメリット
  • 白色にするか、青色にするかは副業状況によって判断する

白色申告と青色申告について、それぞれの違いを解説しました。

一般的には、副業で確定申告を行う場合は、白色申告がほとんど。

副業でたくさん稼げるようになったら、節税できる青色申告がお得ですが、そのぶん手間や専門知識が必要になるので、税理士のコンサルタントサービスを利用したり、会計ソフトを利用してできるだけ負担を減らすようにしましょう。