税金や保険料の支払いは「nanaco」がトク!支払いで得する人損する人!?

ナナコカードでの支払いをお得にする方法

支払わなければいけないけど、毎回金額が高くてうんざりしてしまう税金や保険料。

実は、nanacoとクレジットカードを使えば、税金や保険料の支払いでポイントが貯まるんです。

 

いつも現金でコンビニや銀行で支払っている、という方が多いと思いますが、少しでも得したいならnanacoを活用しましょう!

実は私もnanacoユーザーで、税金や保険料はクレジットカードとnanacoを使って支払っているんです。

今回は、nanacoで税金や保険料を支払うメリットや、支払い方法を解説していきます!

 

nanacoとは?

 

セブングループで使える電子マネー

nanacoはイトーヨーカドーやセブンイレブンを経営する、セブングループが発行している電子マネーです。

現金やクレジットカードで事前にお金をチャージすると、nanacoカード1枚でショッピングや公的料金の支払いができます。

 

nanacoが使えるお店一例

  • イトーヨーカドー
  • セブンイレブン
  • 西武・そごう
  • デニーズ
  • ビッグカメラ
  • ミスタードーナツ
  • オムニ7(ネットショップ)etc.

 

発行は最寄りのイトーヨーカドーやセブンイレブンで可能

nanacoは発行手数料300円で、イトーヨーカドーやセブンイレブンで発行できます。

私はイトーヨーカドーで発行しましたが、サービスカウンターに行って「nanacoを作りたいんですけど」と言ったらスムーズに発行できました。

 

ちなみに、発行手数料0円で発行する方法もあります。

イトーヨーカドーの8のつく日のハッピーデーを利用すれば、発行時に1,000円チャージすると発行手数料がかかりません。

 

ポイント還元率がWAONより高い!

同じ電子マネーで有名なのが、イオングループで使えるWAON。

私はWAONも持っていますが、WAONの場合は200円で1ポイント還元ですが、nanacoは100円で1ポイントなので、ポイントが貯まりやすいのです。

 

また、nanacoにはボーナスポイントというものがあり、セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、一部店舗を利用すると通常のポイントに合わせてボーナスポイントがもらえます。

 

WAONはミニストップでも使えるので、ミニストップで料金支払いも可能です。

しかし、nanacoに比べるとミニストップは店舗数が少ないので、使い勝手が良くないというデメリットがあります。

 

 

nanacoで税金や保険料の支払いをするとお得な理由

税金 納税 確定申告

チャージ金額に応じてクレジットカードにポイントが貯まる

税金や国民年金、保険料などはコンビニでも支払えますよね。

そのまま現金で支払うという方が多いと思いますが、nanacoとnanacoチャージができるクレジットカードがあればポイントを貯めながら支払いができます。

 

流れとしては、nanacoにクレジットカードでお金をチャージしてから、nanacoで料金を支払います。

公的料金の支払いではnanacoにポイントはつきませんが、nanacoにチャージしたお金に対して、クレジットカードにポイントがつきます。

 

例えば、国民年金を支払うためにnanacoにクレジットカードで2万円をチャージします。

すると、クレジットカードに2万円×還元率のポイントが貯まります。

還元率1%のクレジットカードなら、2万円の支払いで200ポイントがクレジットカードに貯まる…ということですね。

 

nanaco自体にはポイントが貯められない公的料金の支払いでも、クレジットカードを使えばクレジットカードにポイントが貯められる、という裏技です。

 

nanacoで支払いできる料金

セブンイレブンは料金収納代行業務を行なっており、以下の料金が現金またはnanacoで支払えます。

  • 電気料金
  • 光熱費
  • 通信費
  • ガス料金
  • 水道料金
  • 保険料金
  • 国民年金保険料
  • 各種税金(地方税や自動車税など)
参考 各種料金のお支払いセブン-イレブン・ジャパン

 

nanacoにチャージできる金額には限りがあるので要注意。

1回のチャージ限度額は29,000円

1日最大3回までチャージできるので、1日のチャージ限度額は最大87,000円。

nanacoの残高は、センター預かりを合わせて最大10万円までです。

 

また、nanacoはチャージをしてすぐに使えるというわけではありません。

チャージ→センター預かり→nanacoに反映、というステップで使えるようになります。

 

nanacoに反映させるには、セブン銀行のATMでnanacoの残高を確認してください。

このようにちょっと手間がかかったり、制約が面倒なのがnanacoのデメリットですね。

 

nanacoで支払えば年間どれくらいお得?

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

 

例えば、国民年金を1年間nanacoで支払う場合を考えてみましょう。

月16,340円(2018年現在)×12 =196,080円

還元率1%のnanacoチャージできるクレジットカードで支払うと、1年間でおよそ1960ポイントのクレジットカードポイントが貯まります。

 

さらに保険料や地方税などもnanacoで支払えば、年間5,000ポイントほど貯めることができるでしょう。

5,000ポイントあれば、1年に1回ご褒美としてデパコスを購入できる金額ですね。

そう思うとかなりお得だと思いませんか?

 

 

nanacoにチャージできるクレジットカード一覧

クレジットカード 女子ジョブ!

全てのクレジットカードでnanacoチャージできるわけではない!

注意点としては、使うクレジットカードが限られるということ。

nanacoにチャージして、クレジットカードポイントが貯まるカードを使いましょう。

還元率の高いカードを選ぶと、よりポイントが貯まりやすくなってお得です。

 

nanacoにチャージできるカードと各還元率

 

  • リクルートカード:1.2%(月3万円まで)
  • Yahoo! JAPANカード:0.5%
  • セブンカードプラス:0.5%
  • ファミマTカード:0.5%

 

ちなみに、以前は還元率1%でポイントが貯められた楽天カードは、2017年からnanacoチャージでポイントが貯められなくなりました。

クレジットカードのポイント還元率など、ポイント制度は年々改悪されることがあるので、お得なうちにもらっておくのが懸命です。

 

 

nanacoポイントに交換できるポイントサイトでもっと得しよう♪

女子ジョブ! 主婦・OLのための副業情報サイト

ポイントをnanacoに交換できるポイントサイト

 

このサイトをチェック!

 

他にもnanacoに還元できるポイントサイトはありますが、最低換金ポイントが1,000円以上のサイトや、還元率が50%というサイトがあるので省いて紹介しました。

上記の3つのサイトは、手数料無料でnanacoポイントに交換できます

 

オススメは案件多数のモッピー

 

モッピーは老舗ポイントサイトの一つで、運営歴は10年を超えている優良ポイントサイトです。

案件が非常に多く、無料会員登録や資料請求、口座開設などだけでも3,000ポイント近く貯まります。

 

ポイントを貯めると参加できるゲームでは、ボーナスポイントももらえるので、ポイントが貯まれば貯まるほどお得になる仕組みです。

nanacoの他に、EdyやWAONなどの電子マネーにも対応しています。

 

モッピー公式サイトはこちらをクリック

 

まとめ

今回はnanacoで税金や保険料の支払いがお得になる方法をご紹介しました!

毎月の痛い出費になる公的料金の支払いも、nanacoと提携クレジットカードの合わせ技でお得になるんです。

 

カード発行、チャージなど、最初は少々手間がかかりますが、長い目で見ればお得になるので、ぜひお近くにセブンイレブンorイトーヨーカドーがある方は実践してみてくださいね!